31歳 女 調理センターを辞めてからの高額収入なクラウドソーシング

私の高額な副業としましては、主人の転職により年収が下がった中で調理センターに働きに出ても、血縁関係が非常に濃い、田舎暮らしの中でその勤務体系は想像を絶するような形でありました。私は当初、主人の転職に伴い、新しい勤務先である団地から近い調理センターで働き出すようになったのですが、血縁関係ばかりで支配されている職場で新人イビリが相当酷かったのです。ここから、私はパートであったのですが、調理センターを欠勤しがちになりまして、ついにダウンするような形で、調理センターを退職してしまうような形になりました。そこから家で塞ぎこむようになりました時に、主人が「こんな気軽で手軽な仕事がある」として紹介してくれたのがクラウドソーシングであるランサーズでありました。ランサーズであれば、個人の能力によって大型受注と言う形で個人でプログラムを組む仕事をもらえたり、その報酬は30万円のコンペ形式の仕事があったりする等、非常に豊富で多彩な仕事があり、個人能力によって頂けるお金も違ってくるので、ランサーズをやり始めてみることにしました。私は、プログラムが多少できましたので、まずはタスクの仕事から始める形になり、そこから少しづつ実績を伸ばして行こうと思いました。半年程経過した頃には、個人受注できる形となり、様々な方々から仕事を少しづつ頂けるようになりました。これで非常に満足いたしまして、「毎日やること!」を目標にして、取り組むようにしました、すると最初の半年こそは、月2万円程度がせいいっぱいであったのですが、そこから、実績を積み重ねて信頼を築きあげていくような形となりました。一年経過しました頃には、月の平均収入が5万円をこえることが多くなっておりましたので、これは普通にパートに出て働いて得ることができる収入と同程度のものでありましたので、これだけ貰えてる自分が信じられないと言う形でありました。ここから、自宅で誰にも干渉されず、自分のペースで仕事ができるランサーズに魅了される形となり、今でも毎日ランサーズと向き合って自分の中で高額な収入を得れて満足しております。