40代主婦デリヘルで稼ぎながら感じたこと

40代専業主婦です。普通の高校を卒業し、家庭の事情があり、すぐに就職しました。普通の一般企業で働き、日々業務に明け暮れる日々が続いていました。今年も新入社員が入ってくるから指導頼むよ!と上司に言われ、自分の担当の新入社員を見ると、どう見ても夜の仕事をしていそうな雰囲気でした。髪は茶髪、目はカラコンを入れ、服装は短めスカートで出勤してきます。業務中の態度は普通なのですが、このようなタイプの新入社員の教育はどうしていいかわからない状態でした。当時一人暮らししていたので色々悩むぐらいなら夜のお仕事もやってみよう!と思い立ったのがきっかけです。全く安直な考えで入ってしまったのですが、色々と大変でした。初めて入った仕事はデリヘルでした。週に2,3日夜の11時から夜中2時までの勤務で帰宅後はくたくたになり、日々の通常業務にも差し支えるようになってきました。それでも努力して稼いだ分だけ収入もあり、月に50万ほど稼いでいたと思います。夜働いている中で一般的な世界とは違う夜の世界を知り、様々なことを感じました。その中でも特に印象に残っているのは、男性の部屋の様子ですね。綺麗にされている方もいますが多くの方は小さなちゃぶ台に缶ビール、食べ終えたコンビニの袋、ガラクタ、空いたペットボトル、お酒が好きな方は焼酎の大きなボトルの空いたものが数本置いてあったり、たばこの吸い殻が山のように盛られていたり、亡くなった奥さんの遺影が置いてあったり、ほんとに人生いろいろあるんだと感じました。デリヘルという名目で来ても話し相手が欲しくて呼んだといわれる方もいて、お客様の人生相談受付みたいだなと感じてしまうこともありました。話をひとしきり終えると、今日は話せてよかった、今後僕はどうしようかと考えていたんだよと言われることもありこの人の人生の一部分の手助けができたんだと感じました。でもいい話ばかりではなく、デリヘルには危険も常時付きまとっています。もし身の危険を感じたら逃げられる手段を考えながらお仕事していただきたいと思います。長い話になりましたがご清聴ありがとうございました。