40才女 夜は風俗嬢

40才女性です。
20~22才の頃風俗で仕事をしていました。
社会人になってクレジットカードの契約が簡単に出来るようになり、使い方の意味もよく分からず何枚も作って、限度額まで使い込んでしまい毎月の返済に追われる事になって。
昼間は普通に会社員として働き夜のみ風俗で仕事をしていました。
17時から毎日終電まで、週に5日。
若さが理由なのかお客さんがどんどんついて、指名も増え、毎月60万以上稼いでいました。
おかげでカードの借金はあっという間に返し終え、貯金は最初のうちは貯まりましたが
毎日3万位稼いでしまうので次第に金銭感覚が麻痺し、使う一方となり、貯金もしなくなりました。
来てくれるお客さんと飲みに行ったり、昼間も会ってデートしたり、とにかく沢山誘われるのでモテるつもりになってしまっていたので、自分磨きの為にエステに行ったり、洋服も沢山買ったり、毎月美容院にも行って。かなり派手な格好をしていたと思います。
その仕事を辞めた理由は性病にかかった事です。
発見が早く重篤にはならず数回の通院で完治したのですが、彼氏にも同じ病気をうつしてしまい、浮気をしていると勘違いされ(仕事の内容上、浮気みたいなものですが)別れる原因を作ってしまいました。
その時に性病の事を改めて詳しく調べ、恐怖を感じ、もし取り返しのつかないような事になってしまったら将来が真っ暗だと思い足を洗いました。
その後は昼間だけの仕事に戻り現在に至ります。
後悔しているのはやはり自分の体を簡単に見知らぬ男性に捧げてしまった事です。
いくらお金が稼げる仕事とはいえあまりにも軽率で未熟な自分を恥じるばかりです。
もう20年たった今もその頃の仕事で自分がしていた事が夢に出てきます。
すごく気持ちが悪くなり、飛び起きると汗まみれになっています。
あとは男性をあまり受け付けなくなってしまい、近寄られるのも気持ち悪く感じてしまうようになりました。
お金に困っている皆さん、
どうしようも無く風俗の世界に飛び込んでしまう方もいると思いますが、安易に考えず、出来れば違う仕事をして、自分自身を大切にして欲しいです。
将来後悔する事になるかもしれないからです。